目が覚めるのが遅すぎた。磐田は終盤にようやく攻撃の圧力を強めた。後半38分にはCKのこぼれ球に反応した藤田が強烈なミドルを放ち、終了間際には森島が落としたボールを太田が蹴り込んだ。それでもゴールネッ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)