リオデジャネイロ五輪に出場する東海大の卒業生と在学生を対象とした壮行会が13日、神奈川県平塚市で行われ、柔道の4選手らが抱負を述べた。男子100キロ級で昨年世界一の羽賀龍之介は「日が近づくにつれて...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)