審判にボールを渡す度に、3年間の思いを込めた。県内唯一の女子選手、栗東の山内麻吏江(3年)は、最後の夏を「ボールボーイ」で終えた。  小4で始めた野球。中学では一度離れたが、諦めきれず、高校野球の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)