「もういっちょ!」。球児の声が響くグラウンドではいつもの守備練習の光景。だがノックを打つのは監督ではなく、女子マネジャーだ。福井県立羽水高野球部の“2代目”女子ノッカーを務める古市琴美さん(3年)。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)