記憶をなくしても、好きな野球への情熱が冷めることはなかった―。10日に埼玉県さいたま市の市営浦和球場で行われた与野―蓮田松韻の一戦。蓮田松韻の2年生若山涼人選手は5月に突然倒れ、仲間や両親、野球など...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)