「生活の一部だった」八重山商工の監督を今夏で勇退する伊志嶺吉盛監督にとって、準々決勝の嘉手納戦が最後の試合となった。延長十一回の接戦の末敗れたが「良いゲームだったね」と目を細める。第1シードの糸満や...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)