島の名将の最後の夏が終わった。2006年に離島勢で初めて自力での甲子園切符をつかみ、全国の高校野球ファンを湧かせた八重山商工の伊志嶺吉盛監督。「こんな自分でも13年間いろんな人に支えられ、監督を続け...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)