試合の行方がまだ分からない1-3で迎えた七回、東北楽天は一気に突き放された。ブリガムに代わった2番手青山浩二がピリッとせず3失点。前回登板で好投しており、反撃の流れを生むよう期待し送り出した梨田昌孝...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)