復活を予感させる好走だった。女子200メートルは渡辺(駿河台大)が、富士市立高3年夏以来2年ぶりとなる自己タイの24秒60で連覇。「母校の後輩が速いと聞いていたので、負けたくなかった」。5月の県高校...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)