昨年十一月に病死した日本相撲協会の北の湖・元理事長の遺徳をしのび、名古屋市熱田区白鳥一の法持(ほうじ)寺の川口高風住職(68)が寺との縁を本にまとめた。名古屋で横綱に推挙された「昭和の大横綱」にちな...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)