東北楽天の岡島が八回に反撃のソロを放った。右翼ポール際への打球がビデオ判定の末にファウルとされて一度は幻になった後、改めてアーチを架けるという異例の一発になった。  1度目は1ボールから内角高めに来...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)