東北楽天は九回、相手の守護神サファテからしぶとく決勝点を奪った。今江の安打の後、ウィーラーが二飛に倒れたところから、聖沢と銀次が意地を見せた。  1死一塁、初球で二塁を陥れ好機を広げたのが今江に代わ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)