神戸市は7日、高濃度のダイオキシンを含む汚染焼却灰や汚泥約25トン(ドラム缶163本分)が、同市西区の産業廃棄物最終処分場に無断で処理され、違法に埋め立てられたと発表した。1997年にダイオキシンが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)