9月7日の開幕まで、2カ月を切ったリオデジャネイロ・パラリンピック。洋野町種市の大井利江選手(67)は陸上男子砲丸投げの日本代表に内定し、4大会連続の出場が濃厚となった。円盤投げの銀、銅メダリストで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)