色の異なる稲を水田に植えて絵を描く「田んぼアート」が、旭川市東鷹栖で見ごろを迎えている。11年目の今年は絵の完成度を高めるため過去最多の7色を用い、キリンやゾウの親子を描いた。8月中旬ごろまで楽しめ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)