長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ韓国に持ち込まれた同県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」について、元の所有権を主張する韓国中部の浮石寺が、韓国政府に対し像の引き渡しを求めた訴訟の初の弁論準備が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)