肢体不自由の児童生徒が通う清武せいりゅう支援学校(野田尚子校長、80人)と、宮崎工業高(竹下弘一郎校長、830人)の生徒らは5日、宮崎市清武町の同支援学校で障害者スポーツ「ボッチャ」を通して交流した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)