哲朗が七回に今季第1号となるソロを左翼スタンドに放った。先発メンドーサのチェンジアップを捉え、「前の打席で間合いをずらされた球。また投げてくるかなと思い、何とか食らい付いた」と配球を読んでの一発だっ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)