昨年8月に運行を終えた寝台特急「北斗星」の客車を町おこしに活用しようと、北海道北斗市の市民団体が3日夜から5日早朝にかけて、札幌市のJR北海道苗穂工場にあった2両を北斗市のグラウンドまで約300キロの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)