バングラデシュの飲食店襲撃テロで、犠牲となった7人の遺体と遺族らは5日早朝、政府専用機で羽田空港に到着した。神奈川県警などの合同捜査本部は遺体を司法解剖して死因の特定を急ぐとともに、刑法の国外犯規定を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)