弘前市が新たな食のブランドとして開発した「白神めぐみ寿司(すし)」の披露会が4日、同市の藤田記念庭園和館で開かれた。世界遺産・白神山地の恵みを受けた地場の食材を用いて市内の料理人が創作したおもてなし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)