柔道の2016年度全日本ジュニア体重別選手権四国予選は3日、4県の代表者が参加し、男女計16階級で争われた。徳島県勢は男子100キロ超級の三好大成(阿波高)が準優勝したが、男女とも階級制覇はならず、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)