バドミントンの全日本実業団選手権最終日は3日、福井県勝山市体育館で男女の決勝があり、県勢女子の再春館製薬所が日本ユニシスを3-2で破り、2015年のチーム発足後初めての優勝を飾った。前身のルネサスか...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)