京都府綾部市出身で、卓球男子世界選手権日本代表の大島祐哉選手(22)が2日、母校の同市栗町の豊里小を訪れ、地元の中学生たちにトップレベルの技を披露し、基本動作を分かりやすく指導した。  大島選手は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)