まさに4番の仕事だ。東北楽天のウィーラーが三回、会心の逆転3ラン。1-3の2死一、三塁で、「とにかく積極的に」と内角寄りに来た初球の変化球を振り抜き、左翼席へと放り込んだ。  「大きかった。劣勢の重苦...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)