川崎は試合開始の笛と同時に攻め立てた。得意のボール回しを駆使し、じわりじわりとゴールへ照準を合わせてきた。仙台の動きは、それをお膳立てするかのようだった。「立ち上がりの前線からの圧力が仙台の強みなのに...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)