日本サッカー協会は1日、リオデジャネイロ五輪に出場する男子の日本代表18人を発表し、J1鹿島からDF植田直通(21)とGK櫛引政敏(23)の2人が選ばれた。  植田は熊本県出身。2013年に大津高...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)