国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2016年1月1日時点の路線価を公表した。評価額の対前年変動率は全国平均で0・2%のプラスとなり、リーマン・ショック前の2008年以来、8年ぶりに上昇に転じ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)