障害者の職業能力を競う「第33回アビリンピック鳥取大会」が30日、鳥取市伏野の県立福祉人材研修センターであった。特別支援学校の生徒や事業所で働く人ら80人が参加。清掃や喫茶サービスなど7種目で培った技...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)