厳しい暑さを前に、県内のスポーツ関係者が徹底した熱中症対策に取り組んでいる。県サッカー協会は今季から、主催大会を中心に、競技会場で熱中症の危険度を示す「暑さ指数」(WBGT)の測定を始めた。スケジュ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)