広島東洋カープは29日、広島市南区のマツダスタジアムであったヤクルト13回戦に8―1で快勝。32年ぶりに11連勝を飾り、投打に活躍した黒田博樹投手(左)が日米通算200勝に王手をかけた。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)