東北楽天の先発釜田佳直は6回3失点と粘った。暑さやマウンドの低さに苦労し5四死球と乱れたが、最速150キロの力強い直球で攻め、再三の窮地を三振で切り抜けた。「最後はマラソンのラストスパートという感じ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)