夏の福島競馬の開幕を前に、福島市のJRA福島競馬場は29日、同競馬場で馬場浄(きよ)め式を行い、関係者が騎手や競走馬の安全を祈願した。  芝コース上で神事が行われ、勝見浩二場長らが玉串をささげた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)