県選挙管理委員会は29日、小中学生を対象にした主権者育成の新規事業「フルーツ選抜総選挙」を三沢市の木崎野小学校を皮切りにスタートさせた。同小では5年生90人が、県産の果物5種類を候補者に見立てて応援...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)