アスリートとしての「散り際」を探していたのだと思う。陸上の日本選手権で第一線から退く意向を示した男子ハンマー投げの室伏広治のことだ。ことし4月、競泳の日本選手権直後に声を掛けられた。  「北島(康...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)