東北楽天の先発塩見貴洋は七回途中3失点の結果で自身4敗目を喫した。「最低限の投球はできたが勝負どころで甘かった」と精彩を欠き、不本意だったようだ。  三回に大城滉二の犠飛で先制を許し、四回には無死一...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)