岡の勢いが止まらない。「1番・右翼」で先発し、2安打2盗塁と1番の役割を全うした。  第1打席、捕手への内野安打で出塁すると、二死から4番・陽への3球目に二盗を敢行。捕手の悪送球を誘い、三塁まで進...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)