東北楽天のオコエ瑠偉が五回にリーグ戦では自身初の打点となる犠飛を放った。  2点を追う五回1死一、三塁、真ん中高めに来た速球を右翼への飛球にして、三走を生還させた。「最低限の仕事」と振り返った。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)