関西電力は28日、神戸市内で株主総会を開いた。株主である大阪、京都両市や一般株主が求めた脱原発などの22議案を全て否決。会社案は可決された。総会後には、社長に就任した岩根茂樹氏が記者会見を開き「原発の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)