大修館書店(東京)が英語教科書を採用した高校に無償で英語ドリルを提供していた問題で、鈴木一行社長は28日、2013年から今年までの4年間で38都道府県の公私立165校に計約5万7千冊を提供していたとす...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)