東北高校選手権は27日、一関市などでフェンシングとテニスの2競技が行われ、テニス男子シングルスで本多映好(岩手3年)が優勝し、団体と合わせ2冠を獲得した。同ダブルスは岩手の本多・松浦洸祐(3年)組が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)