日本相撲協会は27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・愛知県体育館)の新番付を発表し、2場所連続で13勝を挙げ、綱とりに挑む大関稀勢の里が先場所に続いて東の正位に就いた。  ブラジル出身の魁聖と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)