日本バレーボール協会は27日、リオデジャネイロ五輪に出場する女子の代表12人を発表した。守備重視の観点から、リベロとレシーバーの両方をこなせる選手として、仙台市出身の佐藤あり紗(日立、東北福祉大出)...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)