東北楽天は打線が3安打に終わり、投手陣も要所を締められず敗れた。先発戸村健次が一回に3安打などで2点を先行されると、五回には西宮悠介が無死一、三塁から内野ゴロの間に1点を追加された。八回には青山浩二...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)