あふれる喜びを抑えられなかった。男子400メートルは、東野高出のウォルシュが切れそうで切れなかった45秒40のリオ五輪参加標準記録を破る45秒35で初優勝。「最後の最後でやっと出せて、うれしいですね...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)