サッカーのJ1川崎フロンターレは、25日の第1ステージ最終節に逆転優勝の望みを残していたが、首位の鹿島が勝ったため、2位で終えた。クラブ創設20周年の節目に期待された悲願のタイトル獲得はならなかった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)