陸上日本選手権、男子1万メートルは村山紘が日本記録保持者の意地を見せて2位に入り、五輪代表を決めた。「優勝を目指したので悔しい」。敗戦の弁ではあったが、視線は地球の裏側を向いていた。  「いけるか」...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)