期待された大記録は出なかったが、やはりトラックの主役は今季好調のエース2人だった。男子100メートル準決勝で、くしくも同じ組で走った桐生と山県。先着した山県が「2組しかないから、誰かとは重なると思っ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)