第4シード水戸商、第5シード藤代が抜けた存在。水戸商は制球力抜群の主戦・滝功聖(3年)と強肩強打の野本浩喜(同)のバッテリーが攻守の要としてチームを引っ張る。藤代は由宇、峻の立松兄弟(同)が自慢の重量...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)