昨夏を制した霞ケ浦がリード。主戦の飯村将太(3年)は失点が計算でき、打線は対応力が高い。遊撃手の小川翔平(同)がけがから復帰し、選手層に厚みが増した。 太田一は昨秋好投した右腕・和田凌吾(同)、北関...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)